mangawotukurou

漫画をつくろう

創作漫画(完成原稿・ネーム・設定・落描きなど)を毎日一ページずつ公開していきます。

2019年06月

30 6月

魔女剣士ルーナ・シュバルツバルトの魔女29

luna1 030

魔女剣士ルーナ・シュバルツバルトの魔女編29です。

以前ドクトルは、魔動球は人が潜在的に持つ能力を引き出す装置(意訳)と言っていましたよね。魔力の無いタクトでもこれを持てばそれなりの能力が使えるようです。ようやく魔動球が完成してこれからタクトの出番というところで、ルーナは自分の魔女帽を自力で取り戻してしまいました。せっかくのタクトたちの努力が水の泡になりそうですが、そこはそれ、お話としての落としどころを作っています。続きはまた明日。

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画制作へにほんブログ村にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へにほんブログ村にほんブログ村 漫画ブログ 同人・同人漫画(ノンアダルト)へにほんブログ村
29 6月

魔女剣士ルーナ・シュバルツバルトの魔女28


luna1 029

魔女剣士ルーナ・シュバルツバルトの魔女編28です。

ルーナ絶体絶命というところで、思わず敵の仲間割れ(?)が起こって助かったのですが、根本的な解決には至っていません。ここでついに魔動球が完成してタクトの出番がやって来たようです。ルーナに気があるんじゃないかと言われて顔を赤くしている様子が青春しててかわいいです。フクロウのコールがドクトルの分身であるという設定がようやく出てきました。さて、役者が出そろったところでいよいよクライマックスが近づいてきました。続きはまた明日。

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画制作へにほんブログ村にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へにほんブログ村にほんブログ村 漫画ブログ 同人・同人漫画(ノンアダルト)へにほんブログ村
28 6月

魔女剣士ルーナ・シュバルツバルトの魔女27

luna1 028

魔女剣士ルーナ・シュバルツバルトの魔女27です。

シュバルツバルトの守護獣復活! 丸腰のルーナ絶体絶命! 前回は緊迫した場面での引きでした。リタはシュバルツバルトの守護獣にルーナを襲わせようとしますが、逆に守護獣につかまってしまいます。ルーナでなくとも???となる展開です。さあ、ドラマはどう転がっていくのか。ところでタクトたちは何をもたもたしているのでしょうか。そろそろ登場して欲しい所です。続きはまた明日。

にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へにほんブログ村にほんブログ村 漫画ブログ 漫画制作へにほんブログ村にほんブログ村 漫画ブログ 同人・同人漫画(ノンアダルト)へにほんブログ村
27 6月

魔女剣士ルーナ・シュバルツバルトの魔女26

luna1 027
魔女剣士ルーナ・シュバルツバルトの魔女編26です。

シュバルツバルトの守護獣は日食と魔動球が二つ揃わないと復活しないようです。リタは無防備のルーナに守護獣をけしかけようとする、絵にかいたような悪役ぶりです。肝心の魔女帽はリタの手中にあり、ルーナはとっさの判断で魔法が使えるのでしょうか。「転」の節に入っていよいよドラマが盛り上がってきました。続きはまた明日。

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画制作へにほんブログ村にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へにほんブログ村にほんブログ村 漫画ブログ 同人・同人漫画(ノンアダルト)へにほんブログ村


26 6月

魔女剣士ルーナ・シュバルツバルトの魔女25

luna1 026

魔女剣士ルーナ・シュバルツバルトの魔女編25です。

ルーナがたどり着いたのはやはり「黒い森」でした。ルーナの唱えたラテン語は意訳すると「黒い森に我を導け」となります(多分)。そのあいまいな呪文ですら実行できてしまうルーナには潜在的な魔力が備わっているといえます。その深淵部にあるのはシュバルツバルトの遺跡でした。シュバルツバルトがそもそもドイツ語で黒い森のことなんですがね。そこでワイバーンと共に祭られている大きな石像がシュバルツバルトの守護獣なのでしょう。果たしてシュバルツバルトの守護獣は復活するのか? 続きはまた明日。

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画制作へにほんブログ村にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へほんブログ村にほんブログ村 漫画ブログ 同人・同人漫画(ノンアダルト)へにほんブログ村

ギャラリー
  • 魔界バトルロイヤル  その16
  • 魔界バトルロイヤル  その15
  • 魔界バトルロイヤル  その14
  • 魔界バトルロイヤル  その13
  • 魔界バトルロイヤル  その12
  • 魔界バトルロイヤル  その11
  • 魔界バトルロイヤル  その10
  • 魔界バトルロイヤル  その9
  • 魔界バトルロイヤル  その8